• 一般社団法人日中スノー産業交流協会

  • 設立趣旨

    日中スノー産業交流協会は日中両国のスキー&スノーボード産業振興のために交流の機会を増やし、更なる発展に寄与することを目的に活動しております。日本では2回冬季オリンピック開催経験があり、産業全体が健全に発展しています。一方、中国では2022年北京冬季オリンピックの開催が決まり、まだ発展途上であります。スキー場、メーカー、販売店、選手の育成など様々な分野で、中国にとっては日本の産業経験が大切な経験であります、各分野でこれから伸びる中国市場は日本企業の海外進出において大きなマーケットでもあります。日中スノー産業交流協会は両国の架け橋となり、幅広い活動で両国のスノー産業振興を図ることを趣旨に設立しました。

  • 事業内容

    スキーインバウンド事業

    1コンサルティング

    • 中国市場に向けて自社のセールスポイントを見直し
    • 中国スキー客の地域別、滞在日数別、スキーレベル別に自社のターゲットを選別
    • マーケットニーズにマッチングした戦略と企画を決定

    今のセールスポイントは本当に合っていますか?

    例:スキー場の場所は高速に近くて交通の便利さが売りだが、中国運転免許は国際免許に切り替えたとしても日本では使えない
    →レンタカーが借りられないので、バス、電車、ハイヤーが移動手段になる
    →国際空港からのアクセス条件がポイントになる
  • 2サイト制作と運用

    • 中国からのアクセス速度が確保したサーバー環境を提供
    • 日本語情報の翻訳ではなく、ローカライズしたコンテンツ作成
    • 編集者は愛好者だからこそ高品質の記事が書ける

    貴社のサイトは中国本土からスムーズにアクセスできますか?

    例:某スキー場の中国語ページを北京市内からアクセス、サイトの1ページを開くために1分39秒かかった

    →実は中国側で制限がかかっていなくてもネット環境とサーバー環境により、中国から日本のサイトを閲覧できないことはよくある

  • 3WECHAT公式アカウント運用

    • 中国で一番使うSNS、WECHATの公式アカウント運用
    • 法人認定アカウントで信頼性の高い記事配信

    今すぐ自社アカウントを作るべきですか?

    例:自社アカウントを早いタイミングで作成したが、フォロワーが増えず記事の閲覧数が非常に少ない

    →アカウント作成は簡単にできるが、運用ノウハウと人材が必要条件である

  • 中国スキーインバウンドはプロにお任せ!

    お問い合わせ

All Posts
×